目の下のたるみの取り方

原因を知って解決策を知る〜行動あるのみ

目の下にたるみが出でくることがあると思いますが、たるみがあると老けたように見えてしまいます。

 

ほうれい線と同じで、目の下のたるみは顔の印象に大きく影響を与えるのでちゃんとケアする必要があります。

 

それにはまず、原因を知ることが大事です。

 

自分も目の下にたるみやふくらみがあって悩んでいましたが、原因を知り正しく直してあげることでだいぶましになりました。原因は主に目の下のたるみがしわやほうれい線などと同じように、顔の皮の真皮内に存在しているコラーゲン、ヒアルロン酸のが少なくなっていくために起こる老化現象です。

 

原因は2つに分けることができます。

 

1つ目は表皮を支えている真皮のが弱ることです。

 

普通の肌と同じように皮の下に存在している真皮の部分にコラーゲンやヒアルロンがたまっています。そのコラーゲンやヒアルロンのおかげで皮が支えられているのですが、その2つが減少するとその上に存在している表皮も影響されてしまいたるみになります。

 

もう一つは目の下にあるふくらみです。

 

眼球の周りにある皮がゆるみ、それと同時にまぶたの下の皮膚や眼輪筋もゆるんでしまい、その上まぶたの奥のほうも支えられなくなってしまいます。

 

その結果、目の周りの脂肪に眼球がのってしまい、脂肪が眼球にに押し出されたために目の下の方が
膨らんでしまいます。

 

それらを直すには目の周りを動かすことが大事になってきます。

 

目の周りの筋肉は普段使わないので動かすことによって、眼球を支える筋肉が強くなるので、目の下にあるたるみがなくなります。

 

目の周りを動かすのは簡単なのでやってみることをおすすめします。

 

眼輪筋のエクササイズのやりかた(動画)

 

他に表皮の下のほうにあるコラーゲンやヒアルロンに水分をつけることも有効です。