目の下のたるみは若い時から

ポイントは女子力の低い生活?

若い時から目の下のたるみに悩まされていました。

 

今はなぜか涙袋を大きくする整形が流行っているようですが、私には考えられません。

 

この目の下のたるみというかふくらみをどうしたら治せるのかといつも悩んでいました。

 

歳をとり、さらにたるみは酷くなりました。

 

昔は大人っぽいねと言われていましたが、今は年齢より老けているねと言われます。

 

目の下のたるみを隠すだけで、すごく若く見える気がするので、本当にコレさえなければと思うことが多々ありました。

 

それ以外の肌は、幸いシミもシワも無いのですが、目の下にはしっかりたるみとクマが鎮座しているのです。

 

メイクで隠そうにも、クマを隠すためにコンシーラーを塗ると、そこだけかえって白っぽくなってしまい目立ちます。

 

メイクが下手なのかもと思いましたが、お金を払ってメイクして頂いたときも、百貨店の化粧品売り場でメイクして頂いた時も、全くたるみを隠すようなメイクはできませんでした。

 

根本的に解決しようと、高いアイクリームを奮発して買って丁寧にマッサージしてみたり、たるみをとるというテープを貼ってみたり、顔面の筋肉を鍛える体操をしてみたりしました。

 

ですが、頑固なたるみは全く改善しませんでした。

 

もう一生この目の下のたるみは治らないんだとしばらく諦めていました。

 

どうせ治らないんだからと、アイクリームもコンシーラーも体操もやめました。

 

それまでは毎日コンタクトレンズをつけていたのですが、値段もバカにならないのでメガネにしました。

 

そんな女子力の低い生活を送っていると、気が付いたら何をしても良くなることはなかった目の下のたるみが少し小さくなっていました。

 

コンタクトレンズを長時間つけていたので、目の周りが慢性的に疲れていたのかもしれません。

 

パソコンやネットを見る時間が減ったので、それも効いたのか、本当によくわかりませんが今の生活を続けていきます。