私の目の下のたるみ 紫外線

目の周りは優しく触り、紫外線に注意

目の下のたるみ、女性にとってはとても嫌ですね。若い頃は顔がむくんだ日に出来るくらいで、マッサージや蒸しタオルで顔の血行を良くるするだけでたるみもなくなりますが、加齢に依る目の下のたるみはちょっと努力をしないと引いてくれません。

 

まず、何故目の下がたるむのでしょう?
それは、加齢に依って目の周りの眼輪筋が弱ることに依って、目の周りや奥にある脂肪が前に飛び出てしまうことで起こります。
加齢の他には「紫外線」、目の周りを叩くなどの「刺激」もたるみの原因となります。

 

目の肌は他の部分と違い、肌が非常に薄くなっています。その為パックをする時など瞼にはパック剤を塗らないのです。
その薄い部分を化粧水をつける時などに、頬と同じ強さでパッティングなどをすると、大変な刺激となってしまい、たるみの原因となってしまうのです。

 

  1. たるみを予防する方法としては、
  2. .眼輪筋を鍛える
  3. .たるみを防止するツボを押す
  4. .紫外線を防ぐ
  5. .コラーゲンを摂る

 

 

などが挙げられます。

 

1.のトレーニングとしては、人差し指で目尻を軽く外側に引っ張って目を強く閉じます。この時、外側に引っ張った指が内側に惹かれる感じがあれば、筋肉に負荷がかかっている証拠です。
また、鏡を見てまぶしい時の様に目を細めます。この時、下まぶたが2,3mm上がっていればOKです。

 

2.のツボは承泣(しょうきゅう)という下の眼窩の真ん中辺りにあります。
骨ですが、丁度真ん中辺りに窪んだ点を探して下さい。
ここを下から上に向かって軽く押していきます。
目の周りの肌は薄いので、くれぐれも強く押し過ぎないように気を付けて下さい。

 

3.4.は、肌のコラーゲンは紫外線に依って破壊されることがわかっています。日頃から紫外線を避け、コラーゲンをサプリ等で補うようにしましょう。